相続手続きの流れ

4G2A3315相続問題は初めて経験される方が多いと思います。また、遺産分割は争いになると、複雑で解決するまでに時間がかかります。

相続とは、亡くなった人の財産・負債や権利・義務などの法律的な関係が一定の親族的身分関係のある者に移ることです。

亡くなった方で相続される人を「被相続人」と言い、亡くなった方との間に一定の親族的身分関係を有し相続する人を「相続人」と言います。

被相続人から相続人に受け継がれる財産の事を、「相続財産」または「遺産」と言います。

相続は被相続人が亡くなると同時に発生し、基本的には遺産の全てが相続人に受け継がれます。

ただし相続財産には、土地や不動産、自動車、現金、預貯金、有価証券などのプラスの財産のみならず、負債、借入金、損害賠償責任などの、マイナスの財産も含まれています。

相続開始時に相続人が複数いる場合、相続財産は相続人全員の共有財産と認められているため、 正式な遺産分割が決定するまでは、相続財産を処分する事はできません。

相続の手続きとは、誰が相続人であるかを明確にし、 各相続人が相続財産をどのように分割するかを決定する事を言います

実際に、相続・遺産分割を進めるにあたっては、

・まずは誰が相続人なのか?
・財産がどれだけあるのか?
・遺言は残されているか?
・財産をどのように分けるか?
・相続税は発生するのか?

をきちんと調べる必要があります。間違いがあればすべてやり直しになってしまうこともあります。

相続に慣れている方はいません。ご不明点がある場合や、トラブルが想定される場合、個別の問題については、専門家である弁護士にご相談ください。

法律問題でお困りの方のお問い合わせはこちら 042-710-8901