遺言を作成したい方

4G2A2919相続は相続する側、される側にも大きな心配がつきまといます。「うちに限って、相続でもめるなんてありえない」「たいした財産もないのに遺言なんて・・・」とお思いになられるかもしれません。

ところが実際に相続が発生し、財産が絡んでくると、兄弟が豹変したり、知らない人が名乗り出てきたりもします。また、相続の問題は非常に根が深く、法律だけでは解決できない感情の問題が多く含まれています。一度、こじれてしまうと収拾がつかなくなってしまいます。

そのようにならないためには、「遺言を書く」、もしくは「遺言を書いてもらう」ことが最も確実な方法と言えます。

「遺言書」があれば、時間がかかる場合もありますが、概ねスムーズに展開します。遺言書がないまま、相続になれば、相続される方から見ても、相続する方から見てもなかなか思い通りにはいかないことが少なくありません。

しかし、「そうか、遺言書を書いておこう」とか、「よし、親に遺言書を書いてもらおう」と思っても、法律的に有効な書き方をするのは1人ではかなり困難ですし、書いてもらう場合には、どのように話を持って行けば良いのか、という問題があります。

・子供たちの仲が悪くて、このままだとトラブルになりそうなので遺言を残したい
・事情があって、特定の子供に多くの財産を承継したい
・法定相続とは違う形で、財産を譲りたい
・妻にできるだけ多く財産を残したい。
・血縁はないが、実の子以上に面倒を見てくれた嫁・婿に財産を譲りたい。

このような場合は、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

法律問題でお困りの方のお問い合わせはこちら 042-710-8901